クレジットカード記録

現金を持ち合わせていなくても気軽に決済が行えるクレジットカードは、非常に便利である上にカード会社ごとに打ち出しているさまざまな特典も受けられてお得にもなるものです。
年々使い勝手のよさも向上しており、日常的に利用している方も多いことでしょう。

反面、クレジットカードを利用するときは単純な後払いと考えるよりは、一時的にカード会社に支払いを肩代わりしてもらっていると考える方がよいのです。
実際に、加盟店でカード決済を行うと、利用者はその場での支払いを行わない代わりにカード会社が支払いを行うというのがクレジットの仕組みです。

そして利用者は、毎月決まった日にちにカード会社に肩代わりしてもらった金額を返済する形となります。
多くの方はその返済を口座振替による引き落としに設定していますが、引き落とし日に返済額相当の金額が口座に入っていない場合には、その時点で返済が遅れてしまうこととなります。

そうして返済がうまく行えない状態になると、いわゆる「ブラックリストに載る」という状態になるわけです。
この表現は一般的に広く使われており、その言葉から自分の名前がリストアップされるかのような意味にとられがちです。

これに関しては、ブラックリストというリストが存在するわけではなく、利用者の信用情報に延滞の旨が記載されるという状態になるのです。
その情報は、キャッシングやローンを利用する際のすべてにおいて参照される情報であり、ここにクレジットカードの利用状況や返済状況、また過去に何らかの融資を受けていたときの記録なども記載されます。
いわば、自分の信用情報にマイナスの情報が載せられることが「ブラックリストに載る」という表現と同義と考えてよいわけです。